TV・オーディオ・カメラ・周辺機器

【2021年最新版】ワイヤレスヘッドホンおすすめ人気ランキング12選

外出中に音楽を聴けるヘッドホンは、通勤時間や登校時間に重宝しますよね。

近年ではケーブルがなくなったワイヤレスヘッドホンが普及してきており、より快適に音楽を聴けるようになりました。

しかし、ワイヤレスヘッドホンの種類が増えすぎて「どれがおすすめなのか分からない」と思ったことがあるのではないでしょうか?

この記事では「ワイヤレスヘッドホンのおすすめな選び方」や「ワイヤレスヘッドホンおすすめ12選」を紹介していきます。

ワイヤレスヘッドホンの購入を検討している場合は、ぜひご覧ください。

mikuro

元ヘッドホン販売員

某大手音響機器メーカーに務めた経験があり、ヘッドホンを中心に販売していました。趣味でヘッドホンを集め、より良い商品を探求中。心の底からオススメできるヘッドホンを紹介します。

ワイヤレスヘッドホンを選ぶ4つのおすすめの選び方!

ワイヤレスヘッドホンの選び方には「対応コーデック」「形状」「連続再生時間」「機能」の4つがあります。

この項目では皆さんに合ったワイヤレスヘッドホンを選べるように、おすすめの選び方についてご紹介しますね。

ワイヤレスヘッドホンは対応コーデックで選ぶ

コーデック特徴音質

SBC
標準的な音質で170~270ms程度の遅延が生じる。ワイヤレスヘッドホンは、ほとんどがこのSBCに対応している。○

AAC
データの変化が少ないためSBCよりも音質が良く、遅延も90~150msほどしかない。◎

aptx
CDと同レベルの音質を誇り、遅延に関しても60~80msほどしかなく非常に優秀。花丸

ワイヤレスヘッドホンは、対応しているコーデックに注目しましょう!

コーデックは大きく分けて「SBC」「AAC」「aptx」の3種類あり、それぞれ音質が異なります。

具体的に言うと「SBC < AAC < aptX」の順で音質が良くなりますが、ほとんどのワイヤレスヘッドホンはSBCにのみ対応していることが多いですね。

安いワイヤレスヘッドホンほどSBCに対応している傾向がありますので、購入前には必ず対応コーデックを確認しておきましょう。

ワイヤレスヘッドホンは形状で選ぶ

形状特徴

オープンエア型
  • 臨場感のあるサウンドを楽しめる
  • 高音に向いている
  • 音漏れしやすい

クローズド型
  • 音漏れしにくい
  • 低音に向いている
  • ノイズキャンセリング機能を付帯できない

ワイヤレスヘッドホンには「オープンエア型」「クローズド型」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

特徴については上記の表をご覧ください。どちらを買ったら良いのか悩んでしまうかもしれませんが、特にこだわりがないのであれば「クローズド型」がオススメです。

クローズド型は遮音性が高い構造になっているため、通学・通勤で利用しても音漏れする心配がありません。

また、室内でも周りに迷惑を掛けることなく使用できますので、汎用性という観点ではクローズド型が秀でています。

ワイヤレスヘッドホンは連続再生時間で選ぶ

ワイヤレスヘッドホンを選ぶときは、連続再生時間にも注目しましょう!目安としては4時間から6時間までくらいの再生時間のものがおすすめです。

理由はとてもシンプルで、ほどよい再生時間があり耳を痛める可能性も低いため快適に利用できるからです。

ただ、適切な連続再生時間には個人差があるため、外出頻度が多い場合は9時間から14時間までくらいの連続再生時間があるとよいでしょう。

ワイヤレスヘッドホンは機能で選ぶ

種類ポイント

マイク
ハンズフリーでの会話を楽しめる

リモコン
スマホを取り出すことなく音楽の再生やスキップといった操作が可能

ノイズキャンセリング
自動車の走行音や環境音などの騒音をカットできる

接続端子
内臓バッテリーが切れても音楽を聴くことができる

ワイヤレスヘッドホンを選ぶときは、付帯している機能にも注目しましょう。

ワイヤレスヘッドホンに付帯している主な機能には「マイク」「リモコン」「ノイズキャンセリング」「接続端子」の4つがあります。

どれも便利な機能ばかりですが、付帯している機能が増えれば増えるほど価格も高くなってしまいますので取捨選択していかなければなりません。

自分自身の目的に合わせて、必要な機能をピックアップしていきましょう。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ人気ランキングTOP12!

ここからは、おすすめのワイヤレスヘッドホンをランキング形式で紹介していきます!

参考料金から対応コーデックや機能まで詳しくまとめましたので、自分のスタイルに合ったヘッドホンを選んでみてください。

当サイトの編集部による独自の基準にてランキングを制作しています。効果などの良しあしで並べているのではなく、選び方で述べたポイントなどを含めて、編集部が検証した上で総合的に判断しています。
No.1

高音質のワイヤレスヘッドホンならコレ!ソニー WH-CH510

Sony WH-CH510の特徴

お馴染みのソニーが販売しているワイヤレスヘッドホンで、コーデックがAACに対応しているため高音質です。

また、最大32時間の再生が可能であるため、外出中にバッテリーが切れてしまう心配もありません。

コスパ面で考えても申し分なく、文句無しにおすすめできるワイヤレスヘッドホンです。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックAAC形状クローズド型
連続再生時間最大32時間機能マイク・リモコン

下手に高いヘッドホンを購入するなら、コレを買う方が断然お得です。非常に音質が良いので満足しています。
出典:Amazon

高音と低音のバランスが良くヘッドホンです。
出典:Amazon

5000円以下でこのクオリティは凄いです。軽量で持ち運びしやすく、音質も最高です!
出典:Amazon

No.2

クローズド型ワイヤレスヘッドホンの決定版!JBL TUNE 500BT

JBL TUNE 500BTの特徴

JBLが販売している「TUNE」シリーズの最新版で、最大16時間の再生が可能です。

他のワイヤレスヘッドホンよりも低音と高音のバランスが優れているため、様々なジャンルの音楽を聴く場合ならこの商品がオススメですね。

また、最大2台のデバイスで接続が可能であるという点も、TUNE 500BTの魅力と言えるでしょう。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックSBC形状クローズド型
連続再生時間最大16時間機能マイク・リモコン

安かったので消耗品として購入しましたが、思っていたよりも音質が良くて驚きました。
出典:Amazon

音域のバランスが良くコスパも最強です。購入してよかったと思います。
出典:Amazon

初のワイヤレスヘッドホンでしたが、この商品を選んで正解でした。特に問題なくペアリング可能です。
出典:Amazon

No.3

有線接続が可能なワイヤレスヘッドホン!Sony WH-1000XM3

Sony WH-1000XM3の特徴

Sonyが販売しているワイヤレスヘッドホンで、ソニーが開発したハイレゾ音源「LDAC」を採用することで超高音質を実現しています。

また、ノイズキャンセリング機能を搭載していることもあって、周りの騒音は一切気になりません。

バッテリーが切れたとしても有線接続が可能という、超万能なワイヤレスヘッドホンです。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックSBC・AAC・aptX・LDAC形状クローズド型
連続再生時間最大30時間機能マイク・リモコン・ノイズキャンセリング・接続端子

アパートの騒音が気にならなくなりました。高い買い物でしたが、満足しています。
出典:Amazon

ノイズキャンセリングを搭載しているワイヤレスヘッドホンの中では、トップレベルの性能をしています。
出典:Amazon

耳に自然にフィットして心地が良いです。音質についても全く問題ありません。
出典:Amazon

No.4

重低音ならこのワイヤレスヘッドホン!オーディオテクニカ ATH-WS330BT

オーディオテクニカ
ATH-WS330BT

6,573円(税込)

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥6,573
(2021/03/04 05:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

オーディオテクニカ ATH-WS330BTの特徴

ATH-WS330BTはオーディオテクニカが販売しているワイヤレスヘッドホンで、重低音に特化した製品です。

これはヘッドホンに「SOLIDBASSドライバー」を採用したことで可能にしており、なめらかで聴きごたえのある音楽を再生できるでしょう。

音質にこだわりがあるなら、このATH-WS330BTがオススメです。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックAAC形状クローズド型
連続再生時間最大70時間機能マイク・リモコン

耳元で操作が完結するため使いやすいです。
出典:Amazon

ワイヤレス接続が安定していて、デザインもカッコイイです。とても気に入っています。
出典:Amazon

耳のバンドによって長時間装着していても疲れません。重低音がはっきりしているのも良いですね。
出典:Amazon

No.5

aptX対応のワイヤレスヘッドホンならコレ!Nura NuraPhone

Nura NuraPhoneの特徴

NuraPhoneは耳に当てる部分がカナル型イヤホンのようになっており、他のヘッドホンとは異なる形状のワイヤレスヘッドホンです。

この形状によって新鮮で滑らかな音楽を楽しめるため、音質を重視するならワイヤレスヘッドホンをお探しならコレで決まりでしょう。

接続はワイヤレスだけでなく有線にも対応しており、適材適所で使い分けることも可能です。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックaptX形状クローズド型
連続再生時間最大20時間機能ノイズキャンセリング

今までにないワイヤレスヘッドホンです。音漏れは気になりませんし、音質いい感じです。
出典:Amazon

一年ほど使用しましたがハウリングは気になりません。耳にスポッと入るのも心地よいです。
出典:Amazon

aptXに対応しているだけあって音質はとても良い。デザインもかなり気に入っています。
出典:Amazon

No.6

開放型ワイヤレスヘッドホンならコレ!HIFIMAN DEVA

HIFIMAN DEVAの特徴

海外メーカー「HIFIMAN」の販売しているワイヤレスヘッドホンで、デザインはカジュアルな印象を受けますね。

性能は非常に優秀で、コーデックはaptxに対応しているため高音質です。

また有線での接続も可能としており、数少ないオープンエア型のワイヤレスヘッドホンとしては非常に優秀であると言えるでしょう。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックSBC・AAC・aptx形状オープンエア型
連続再生時間最大8時間機能接続端子

非常にピュアでダイナミックな音楽を聴くことができます。
出典:Amazon

このワイヤレスヘッドホンの音楽の臨場感や空気管は、病みつきになるものがあります。購入してよかったです。
出典:Amazon

音の傾向としてはややスッキリしていて、耳に馴染んできます。価格に見合ったワイヤレスヘッドホンです。
出典:Amazon

No.7

ハイレゾ対応のワイヤレスヘッドホンならコレ!パナソニック RP-HD600N-K

パナソニック RP-HD600N-Kの特徴

パナソニックが販売しているワイヤレスヘッドホンで、優秀なノイズキャンセリング機能を搭載しています。

このノイズキャンセリング機能は、周囲の環境に合わせて3つの強度から選べるため場所を選びません。

また、ハイレゾ音源で再生できるドライバを搭載していますので、より臨場感のある音楽を楽しめるでしょう。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックaptX形状クローズド型
連続再生時間最大20時間機能マイク・リモコン・ノイズキャンセリング

今まで購入したワイヤレスヘッドホンの中で、一番性能が良いです。音質もトップレベルなのでオススメです。
出典:Amazon

レビューを見て購入しましたが、場所に合わせてノイズキャンセリングの強度を変えられるのが便利です。
出典:Amazon

デザインで選びました。音質は申し分なく、ボイスで連携させることができるのは画期的だと思いました。
出典:Amazon

No.8

テレビ用のワイヤレスヘッドホンならコレ!オーディオテクニカ ATH-DWL550

オーディオテクニカ
ATH-DWL550

12,327円(税込)

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)
¥15,900
(2021/03/04 05:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

オーディオテクニカ ATH-DWL550の特徴

ATH-DWL550は音質と臨場感にこだわったワイヤレスヘッドホンで、テレビやゲームなどにオススメな商品です。

耳にできるだけ負担を掛けないように設計されており、長時間テレビを視聴していても問題ありません。

また、この商品に採用されているバーチャルサウンドによって、よりクリアで包み込むような音声が楽しめます。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックAAC・aptx形状クローズド型
連続再生時間最大12時間機能ノイズキャンセリング

有名なメーカーだけに安心して購入できました。接続が簡単で使いやすく、自宅の映画鑑賞で使用しています。
出典:Amazon

テレビの音声を細かく拾ってくれて臨場感も凄いです。イヤホンよりもこちらの商品の方が良いと思いました。
出典:Amazon

ギターの練習用として購入しましたが、高音質で使いやすいワイヤレスヘッドホンです。
出典:Amazon

No.9

Amazon Alexa搭載のワイヤレスヘッドホン!BOSE NC HDPHS 700BLK

BOSE NC HDPHS 700BLKの特徴

HDPHS 700BLKは前回の「QC35」からバージョンアップしたワイヤレスヘッドホンで、より心地良い装着感と高音質を実現しました。

また、AlexaとGoogleアシスタントにも対応しており、呼びかけることでサービスを起動させることも可能です。

音声サービスを頻繁に利用するのであれば、HDPHS 700BLKが良いでしょう。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックSBC・AAC形状クローズド型
連続再生時間最大20時間機能ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングが優秀なので、騒音のある場所で音楽を聴くならコレが一番です。
出典:Amazon

細かい音をしっかり再現してくれます。音質も良いので買ってよかったです。
出典:Amazon

前回のモデルを購入していますが、今回のヘッドホンは音質が良くなったように思います。
出典:Amazon

No.10

軽さ重視のワイヤレスヘッドホンならコレ!Skullcandy S5GBW-J539

Skullcandy S5GBW-J539の特徴

海外メーカー「Skullcandy」が販売しているワイヤレスヘッドホンで、軽さに特化した商品になっています。

機能性に関しても「接続端子」「リモコン」があるため、非常に優秀であると言えるでしょう。

軽いオープンエア型のワイヤレスヘッドホンなら、このS5GBW-J539がオススメですね。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックaptx形状オープンエア型
連続再生時間12時間機能リモコン・接続端子

音の遅延が少なく使いやすいワイヤレスヘッドホンです。
出典:Amazon

音はフラットな印象です。ペアリングも問題なく行えますので、コスパ面はかなりいい感じです。
出典:Amazon

軽くて耳の負担になりにくいのが嬉しかったです。音質も申し分ないです。
出典:Amazon

No.11

折り畳めて便利なワイヤレスヘッドホン!Sony MDR-XB650BT

Sony MDR-XB650BTの特徴

MDR-XB650BTはSonyが販売しているワイヤレスヘッドホンで、折り畳んで収納できるという特徴があります。

ヘッドホンはサイズが大きく持ち運びづらいという欠点がありますが、折りたたんでバッグに収納できるので外出中の邪魔になりません。

外出する頻度が高かったり、大きいバッグを持ち歩かないときに重宝するワイヤレスヘッドホンですね。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックSBC・AAC・aptX形状クローズド型
連続再生時間最大30時間機能リモコン

自分のサイズにぴったりで、音質も良かったため満足しています。
出典:Amazon

コスパが良く折り畳むこともできるので、外出中によく利用しています。
出典:Amazon

選択できる色が多いのが嬉しかったです。デザインも自分好みだったので買ってよかったと思います。
出典:Amazon

No.12

5分の充電で3時間再生できるワイヤレスヘッドホン!Beats Solo3

Beats Solo3の特徴

Beatsが販売しているワイヤレスヘッドホンで、音質・携帯性・フィット感などバランスを重視した商品です。

特に充電性能は非常に優れており、バッテリーが切れても5分間だけ充電すれば3時間利用できるため緊急時でも安心ですね。

Beatsのワイヤレスヘッドホンを購入するなら、この商品を選んでおけば間違いないでしょう。

  • 商品詳細
  • 口コミ
対応コーデックAAC形状クローズド型
連続再生時間最大40時間機能マイク・リモコン・接続端子

力強い音圧が特徴で、ダイナミック型の強みを最大限に活かしています。
出典:Amazon

再生時間が長いのに充電は一瞬なので驚いています。
出典:Amazon

前回はオーディオテクニカのヘッドホンを利用していましたが、こちらを購入して正解でした。音質やフィット感など最高レベルです。
出典:Amazon

ワイヤレスヘッドホンの接続方法・使い方は!

  1. ヘッドホンを接続したいデバイスの設定画面を開く
  2. 設定画面から「bluetooth」をタップしてONにする
  3. 接続したいヘッドホン(製品名)が表示されたらタップして接続する

ワイヤレスヘッドホンの接続方法は、上記の3ステップですね。接続したいヘッドホンをタップして「接続済み」と表示されれば、問題なく音楽を聴けます。

もし接続できない場合はヘッドホンが充電されているか、スマホとの距離が遠ざかっていないかを確認しましょう。

ワイヤレスヘッドホンについてのよくあるQ&A

では、最後にワイヤレスヘッドホンを使う上での気になるQ&Aをご紹介していきます。

テレビ用のワイヤレスヘッドホンはどれがオススメ?
テレビを視聴するときはヘッドホンを長時間着用することが多いため、耳に負担が掛からない軽量のものがオススメです。
ゲーム用のワイヤレスヘッドホンはどれがオススメ?
残念ながら、ワイヤレスヘッドホンは遅延が発生してしまうためゲームには不向きです。もしゲームで利用する場合は接続端子のあるものを選び、有線で接続しましょう。

まとめ

ワイヤレスヘッドホンは便利なアイテムですが、見極めを誤まると粗悪品を購入してしまう可能性があります。

品質の悪いヘッドホンを購入してもユーザーは損をするだけですので、自分の満足できる性能を有した品質の良い商品を購入しましょう!

その際、当記事で紹介した「ワイヤレスヘッドホンのおすすめな選び方」や「オススメランキング」は参考になるはずですので、ぜひ活用してみてくださいね。